インフォメーション ー塾通信ー

トップページ > インフォメーション > 塾通信 > 7月塾通信

塾通信

7月塾通信

2020年7月2日

*学校の授業が始まりました。
様々な制約がある中での授業再開なので、各家庭・塾での新たな対応が必要になってきました。

各学校では休み中に課題(宿題)がたくさん出ましたが、この部分に関しては、ある程度生徒が理解しているという前提に立っているようなので、改めて授業で詳しくやり直す時間はないようです。例えば算数・数学の前学年の復習や計算部分、国語の漢字、英語の単語や既習の文法などです。これらは小テストを実施して評価をしているようなので、授業時に先生から言われる予定をしっかり聞いてしっかり準備しましょう。

また、グループでの話し合い、実験・実習などが減りました。理科の実験、国語や社会での話し合い・ディベート、英語でのロールプレイングなど、学校でしか体験できないことが(授業時数が確保できないので致し方ないとはいえ)減ってしまうのは残念なことです。

塾でできることは限られていますが、これらを踏まえて、できることをしっかりやっていきたいと思います。

*新型コロナウイルスについては、感染症の専門家の分析から、空気感染はしないこと、ウイルスは眼・鼻・口から感染すること、高温多湿の環境に弱いこと、太陽光に弱いことなどが明らかになってきました。また各種のデータ追跡解析から、学校休校や外出8割減は、期待したほどの効果が得られなかったこと、アジア人は、欧米人に比べて感染しにくいこと、感染したとしても重症化しにくいこと、などが報告されています。
過剰に恐れることなく、今までやってきたように、注意し、リスクを避けながら日常生活を送っていきましょう。

*心理学の世界では、やる気がなくなる二大原因は、「自分には能力がある、と思うこと」「自分が中心でありたい、と思うこと」だと言われています。つまり「現実を直視しないで、根拠のない自信を持って、正しいのは自分、うまくいかないのはまわりのせい」と思っていると、当然、次々に壁にぶち当たり挫折して、それでもそれに気づかずにいるので、自分に原因があるとは考えずに、だんだんやる気が失せてくるのです。
学校が再開したこの時期に、もう一度「やる気」を見直してみましょう。

*各学校の夏休みの予定が決まらないので、夏期講習の案内はもう少しお待ちください。学校休校で不十分な部分を、短期間でやり直せるようなカリキュラムを考えています。

最近の記事

アーカイブ